新型コロナウイルス感染は

いまだ終わりを見ることが出来ません

今月からレッスンを再開いたします

 

お仕事で止められている方や

感染の心配のある方は

無理せずに お休みください!

 

来られる方は・・・

消毒液は準備いたしますが

必ずマスク着用の上

お越し下さい。

 

来られる方も 休まれる方も

どうかどうか健康でいてくださいね。

 

 

家にいる時間が増えて

ゆっくり朗読の練習ができるかというと・・・

家族がいると・・・ちょっと難しい・・・

一人の時間があっても長くはできない・・・

そんな方々に

ちょっと見て楽しめる

朗読の「準備体操」と「ことばあそび」が

あります

ぜひご覧になってください!

http://roudokudaisuki.or.jp/videogallery/

 

 

Question 6

 

作品を読む前に、声出し練習としてふさわしいものはありますか?

以前、「外郎売り」がよいと言われたことがあります。
もし、他にもあれば教えていただきたいと思います。

この頃、喉が痛くなるようなことはなくなりました。
が、もっとスムーズに声出しをしたいと思っています。
最後の文章まで、かすれたりしない正確な発声をめざしています。

 

Answer

私は、昔、吹奏楽をしていたことがあり・・・

その時の基礎練習、ロングトーンがありました。

安定した音が出せるように・・・だったと思います。

声も同じです。

でも、声の場合は、しすぎると喉をいためるので

気を付けてください。

声を出さないのもいいですね

息だけで シィー または

ロウソクの火を消すイメージで フゥー 

30秒×5回ほど

息だけの方が、複式が意識できると思います。

声を出す時もその複式を意識してください。

それから

自分の出しやすい声のトーンはご存知ですか?

自然とできているかもしれませんが

出にくい声で読んでいると疲れが早くきます。

自分の声をしっかり自分の耳できいてみて下さい。

そして、少しずつ幅を広げられるといいですね。

後は

口の体操や顔の筋肉をほぐしたり・・

(日本朗読協会発行 入門テキストを参考に。新しいテキストです)

 

他にもたくさん練習方法あると思います

そして

正確な発声も大事ですが

どんなふうに読みたいか

どんなふうに聴こえているか

意識してくださいね。

こころふり向く朗読を目指して頑張って下さい。

長文失礼しました。


 

Question 5

講師資格の試験を受けたいと思います。

試験当日は何人くらいで受験しますか

当日の様子を教えてください。

 

Answer

だいたいは、3人くらいです。

試験内容についてはQuestion2を

ご覧ください。

当日の時間は、10:00〜15:00

結構緊張します。

いいことは、ランチを準備してくれます。

詳しくは、協会事務局に

メールしてください。

http://roudokudaisuki.or.jp/contact/

Question 4

びわ湖ホール(小ホール)

7月25日開催予定の発表会はありますか?

 

Answer

できれば開催したいと思いますが・・・

難しい状況ですね。

5月いっぱいは、待って

6月に判断したいと思います。

前から気になっていました・・・

やっとこのビデオを

見れました。

賢治の描き方もとてもいいと

思いましたが、父親の存在感も

いい感じです。

鈴木亮平さんの賢治と

前に見た緒形直人さん(わが心の銀河鉄道)の

賢治は

タイプが違うのだけれど

どちらもいいですね

きっと、お二人とも賢治ファンなのだと

思えるし、きっと監督さんも

賢治ファンなのだと感じました。

やっぱり

宮澤賢治はいいな〜と

幸せな気分になりました。

 

 

Questi 3

最近、いろんなところでZoomなどの

オンラインレッスンが多く見られます。

今後、

オンラインレッスンの予定はありますか?

 

Answer

検討はしていますが

もう少し状況を見守りたいと考えています。

 

 

 

 

 

 


 

Question 2

どんな質問がこれから出てくるのか

楽しみにしていますが・・・。

お忙しいのでしょうか?

中略

朗読講師になるための試験内容を

教えてほしいという質問です。

 

Answer

回答の前に・・・

二つ目Q&Aを書かなかったのは

質問がなかったからなんですよ。

Question2につないでくださって

ありがとうございます。

さて、

講師になる条件ですが・・・

資格がなくても教えることはできます。

が、

習う側の立場としては、指導者が

どんな経歴なのか又はどんな資格を

持ってるかは気になるところですね。

私が所属している

一般社団法人日本朗読協会

滑舌やアクセントなどの勉強も必要ですが

とにかく読みの練習が必要です。

どんな試験があるかといいますと・・・

 

基礎5〜6分(基礎テキストから)

課題作品13〜15分(課題作品集から)

自由作品10〜15分(自身で選ぶ)

当日課題2〜5分(下読み時間あり)

などです。

詳しくは、以下をご覧ください。

http://roudokudaisuki.or.jp/certification/instructor/

 

当教室からもたくさん受験しています。

ほとんどの方は朗読向上のためですが

7名くらいは講師として活躍してくれています。

興味をお持ちでしたらぜひ受験してみてください。

 

コロナ収束まで質問を受け付けています。

お気軽にどうぞ!

 

 

 

Question 1

朗読に興味はあるけれど声に自信がないから

朗読を始めるかどうか迷っているという質問です。

(詳細は省略しています)

 

Answer

当教室にも同じ悩みを持ってこられる方が

おられます。

では、自信のある声とはどんな声でしょう。

確かにアナウンサーの方は、

皆さん素晴らしい声ですね。

もともと素敵な声をされているかも

しれませんが

それでも日々の訓練とケアをされていると

思います。

私は

声は顔と同じだと思います。

整っているから俳優にむいていて

整ってない人は、俳優にむいてない?

そんなことないですよね

その人自身が醸し出す・・・

何かわからないけれど・・・

人の気を引き付ける・・・

たぶんそれを魅力というのでしょうが。

声にも同じことがいえると思います。

だからいろんな声があっていいと

思うのです。

どうしても自信が持てないというのなら

私のように指導者を目指してください。

いろんなコンプレックスがある方が

習う人の気持ちがわかっていいと

思いますよ。

なので

ぜひ始めてほしいと思います。
 


朗読について、疑問に思うことはありませんか?

今月

お問い合わせのあった内容を

ひとつずつこのブログで

できる限りお答えします。

みんなで共有しましょう。